LinkWiz
日本語 / English
PRODUCT 02

自動検査ツール ー L-Qualify ー

人という資産を、より有効活用できるロボットの実現へ。

WHAT IS L-Qualify ?

 リンクウィズの自動検査ツール「L-Qualify」は、ロボットの高い繰り返し精度とロボット空間上の情報を活かした検査システムを実現する、自動検査ツールです。リンクウィズ専用コントローラを使用する事で、長寿命、高信頼なシステムとして検査ラインに導入する事ができます。

「L-Qualify」は、リンクウィズの3D形状認識テクノロジーと人が介在しない定量検査を想定したツールとして、幅広いワークに対応できるマルチ検査ラインの構築(マスカスタマイゼーション)が実現可能です。 「L-Qualify」がレーザーセンサ(3Dスキャナ)とロボットの制御をする為、ロボットによる自動スキャンと自動検査を実現し、三次元空間を活用した検査、測定、品質保証等の工程を自動化する事ができます。また、検査や測定の履歴情報を蓄積する事で、対象ワークのバラつきや傾向を把握する事が可能です。

「L-Qualify」は、三次元点群データから様々な形状を認識し、ロボットによる完全自動検査を実現している為、人や検査時間を削減させながらも製造品質を維持、向上させる事が可能となります。

「L-Qualify」の特長

  • 3DCADにて使われる三次元フレームワークをベースとし、高精度なロボット空間座標算出や様々な形状検査が可能
  • メーカーを問わず、様々なレーザーセンサやロボットの制御
  • 3DCADデータを必要とせず、これまでにない豊富な種類のワークを1つのシステムにて検査が可能

「L-Qualify」の機能

  • レーザーセンサとロボットを制御し、三次元点群データ(デジタルデータ)を自動取得
  • 様々な形状を自動検査(幾何形状や溶接ビードなど)
  • 検査結果の履歴情報を残す事で、製品のバラつきをリアルタイムに表示可能

「L-Qualify」が使用されるアプリケーション

アプリケーションメリット

対応ロボット

  • 株式会社安川電機製
  • ファナック株式会社製
  • 株式会社デンソーウェーブ製
  • 株式会社不二越製
  • 川崎重工株式会社製

対応センサ

  • 株式会社キーエンス製 LJ-Vシリーズ
  • パルステック工業株式会社製TDSシリーズ