LINKWIZ ROBOTICS & PARTNERS

NEWS

シリーズBラウンド総額9億円の資金調達を完了

3次元形状処理エンジンを活用した産業用ロボットの自律化を展開するリンクウィズ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役:吹野 豪、以下「リンクウィズ」)は、株式会社INCJをはじめとする合計6社*を引受先とするシリーズBラウンドの第三者割当増資を実施し、総額9億円の資金調達を完了致しましたので、お知らせします。

 

 リンクウィズは、2015年に設立され、独自のアルゴリズムを活用した産業用ロボット制御のシステムソフトウェアの開発・販売を行っています。主要製品である、溶接や塗装などを行うロボット制御ツールのソフトウェア「L-ROBOT」と、生産ラインにおける全量検査などを行う自動検査用ソフトウェア「L-QUALIFY」を開発し、既に両製品ともに自動車会社など大手企業に導入されています。リンクウィズが開発するソフトウェアは、メーカーを問わず多種多様なロボットやセンサーと組み合わせることができるため、既存の生産ラインに組み入れしやすいという特徴があります。

今後は、「L-ROBOT」と「L-QUALIFY」のデータを連携させ、工場全体の効率化や品質改善を図るプラットフォーム「L-FACTORY」の開発を推進していく予定です。

 

なお、この度調達した資金は、以下の3点に活用する予定です。

  • 中国および米国、欧州における販売網を構築すべく、各拠点にデモ機器および人員を配置し、海外展開を加速します。具体的には、自動化・効率化のニーズが高い地域における当社製品の営業活動、市場調査活動、マーケティング活動などに注力する予定です。
  • 事業会社との連携を加速させ、単一の工程に留まらない包括的なソリューションを提供することにより、企業価値の向上に貢献します。また、安定的にソリューションを供給することにより、顧客製造ラインの安定稼働をサポートします。
  • さらなる成長に向けて各組織体制の強化を図ります。具体的には、納品に向けたシステムインテグレータ育成事業、外部パートナーの獲得を目標とした知的財産活動の強化、製造業に特化したソフトウェア開発において専門知識を有する人材の獲得を目指します。

リンクウィズはこの度の資金調達により産業用ロボットの自動化を推進することで、工場における労働力不足などの社会課題の解決に向けて取り組んで参ります。

 

プレスリリース全文(JAPANESE)はこちら

プレスリリース全文(ENGLISH)はこちら

 

NEWS一覧
TOPへ戻る