LINKWIZ ROBOTICS & PARTNERS

PROJECT

projectのアイコン

変わりはじめた
ものづくりの現場から。

平岡ボデー株式会社 / データ活用力を技術力にする。

Interview with
技術部 次世代企画室 室長 佐野 明俊
ENGINEER DIVISION MANAGER /
AKITOSHI SANO

技術部 部長 佐野 明俊 さんの写真

検査する目を、データを読み取る目に。

平岡ボデーは、自動車のボディ、足回り製品を提供しています。今回、L-QUALIFYを導入しました。これまで製品の全数検査を人によって行ってきました。人が見るということは、その人のスキルが影響します。製品100個の検査なら大丈夫でも、1000個、10000個になると見落とす可能性があります。目視は、どうしても限界がある。最近は、新しい設備の導入で検査箇所が少なくなり、ミスが起こる可能性はさらに少なくなっていますが、今は不良品流失ゼロを求められる厳しい時代です。人に代わるものを検討しなければならない、そんな時に出会ったのがLINKWIZのL-QUALIFYです。

L-QUALIFYが入ったから、今まで検査を担当していた人はいらない?それは違います。品質がわかる人間は、製品の付加価値をわかっている人間です。何が必要で、必要でないかもわかっている貴重な人材です。その人を、強化したい部署に配置してダブルチェック体制にすることもできる。あるいは、指導役になってもらうこともできる。そうすることで不良品流失をなくし、会社の質を上げることができます。

L-QUALIFYを導入したことで様々なデータが取れます。今後は、そのデータに反応していく必要があります。製品のことを理解している人材ならデータの価値を理解できます。データを見て、リスクを先まわりして対策することもできるでしょう。それが、これからの技術力です。ロボット化の真のゴールは、工程前の情報と工程後の情報とそれを一貫して管理し、会社のオリジナル性、付加価値を生み出すこと。L-QUALIFYは、そのスタートです。これからを期待しています。

TOPへ戻る