TECHNOLOGY

産業用ロボットの「不得手」を覆す

「産業用ロボットはプログラムされた単純作業は得意だが、自分で考えて動くことができないので臨機応変に対応しなければいけないような作業は苦手…」
リンクウィズはそんな産業用ロボットの常識を覆します。ロボットアームの先端に3Dスキャナを取り付け、リンクウィズのシステムと接続すれば、人間のように自分の目で見て、考えて動作する産業用ロボットによるモノ作りが実現します。

ロボットで3次元データを取得

産業用ロボットの先端に3Dスキャナを取り付け、対象ワークをスキャンする事で3次元データを取得します。3次元の点群データを使いワークの形状を認識するため、2次元の画像データよりも正確にワーク形状をデジタル化する事ができます。

3次元データを解析

取得データをリンクウィズ独自の技術でノイズ除去を行い、フィルタリングを必要な場所だけを抽出します。処理データを基にマスターワークとの形状比較や穴の位置や大きさ、境界線、凹凸部分やエッジの形状認識を行います。
比較を行う際には、マスターと計測したワークの位置がずれていてもシステム上で位置を合わせることが可能です。

リンクウィズの強み

ロボットが正確に立体形状を認識

高精度な3Dスキャナで取得した情報からノイズを除去し、解析した形状のみ抽出するフィルタ処理を行うことにより、正確にデータを取得します。また、独自のフィッティング技術によりワーク設置の際のわずかなズレや個体差を3Dデータから読み込み、最初に記憶させたデータからどれだけズレたか自動で計算し位置合わせを行うことができます。
これらリンクウィズ独自の技術により2次元画像でとらえられなかった立体的な形状を認識し、複雑な形状を正確にデジタル化することが可能となりました。

3Dデータの高速処理により理想のタクトタイムを実現

リンクウィズのソフトウェアは、3Dデータを点群の状態で持ち、高速処理を行うことができます。また、取得した3Dデータの中から特徴点のみを抽出し、見本となるデータと比較することも可能です。
この2つが実現し短時間でのデータ処理が可能となり、生産現場で要求されるタクトタイムを実現しました。

データの取り込みから解析、ロボットへのデータ送信までリンクウィズソフトひとつで完結

ロボットアームの先端に取り付けた3Dスキャナから読み込んだ3Dデータを読み込み、解析を行い、必要な情報を抽出します。さらに、リンクウィズソフトウェアからロボットへティーチングデータを送付することができます。
データ取りから解析、ロボットへのデータ送信まで、全ての作業をワンストップで処理を行うことが可能です。

産業用ロボットに関するお困りごとなら お気軽にご相談ください。

フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
053-401-3450